会社設立時の資金調達解説

会社設立で節税効果はある? - 会社設立時の資金調達解説

会社設立時の資金調達解説 > 会社設立で節税効果はある?

会社設立で節税効果はある?

image


会社設立によって得られる、節税効果について情報をまとめてみました。
会社を起業すると、一般的な給与所得者よりも節税メリットが大きいと言われていますが、どのような点が優遇されているのでしょうか?詳しく解説してみたいと思います。

寄与することで得られる税金上の利点とは、青色申告控除が受けられるということです。
青色申告控除というのは、青色申告事業者に対して認められた控除になり、決算書をきちんと提出している業者には、最大65万円までの所得控除が適用になります。
他にも必要経費として認められる幅が広がるということや、損失を数年間繰り越せると言う繰越控除のメリット、消費税の最大2年間の免除など、様々な税制上の優遇措置が受けられます。
また、起業するということで国が行政サービスの一環として提供している、補助金などを受給することもできますので、本格的に事業を拡大したい人は、法人化することをおすすめします。

ただし、法人化することで、色々な雑務も増えるので、注意が必要です。
例えば、決算書の作成などは、一般的な個人事業主ではあまり必要とならないものです。
白色申告事業者は決算書を作成していなくても、白色申告で確定申告ができますので、この場合は控除こそ少ないですが手間も少ないです。
法人化すると、決算書類をきちんと作成して残しておかなければなりませんので、どんぶり勘定での経営は許されません。

税金に関しては、このように法人化することで、色々なメリットが得られるということですが、法人税や事業税がかかってくるということも、忘れてはいけません。
法人税とは、法人化した会社が毎年課税されるもので、赤字になっても最低限の税金がかかるため注意が必要です。

事業税は、一定以上の売り上げがあった事業所に対して課税されます。
事業税は、所得税と違って納付のルールが違いますので気をつけてください。
気になる人は、管轄の税務署に尋ねてみると良いでしょう。

さてそんな会社設立ですが、法人化して必ずメリットの方が大きくなるとは限りません。
法人化する場合は、年間の売上高が1,000万円以上を超えた状態でないと、あまりメリットは得られないと考えられているようです。
そのため年間の売上高があまりないようであれば、副業として継続をしていくか、事業規模を拡大して売上を上げてから法人化をするかのどちらかを考えた方がいいでしょう。

何も考えずに、法人化だけをやってしまうのはNGです。
必ずプランを立ててから、会社設立の登記手続きを行うようにしましょう。

top