会社設立時の資金調達解説

負債について - 会社設立時の資金調達解説

会社設立時の資金調達解説 > 負債について

負債について

会社設立のときに資金調達が必要になることがありますが、その際にもっともやりやすい方法と言えるのが負債を抱えることです。
これは通称デッドという呼ばれ方をしており、第三者からお金を融資してもらうことを意味しています。
第三者からお金を融資してもらうので当然返済義務が生じますし、提示された金利などの条件に納得したうえで資金援助を受けることになります。
負債のメリットは先ほどもお伝えしたとおりやりやすさにありますが、反面返せなくなる可能性があることも理解しておかなければなりません。

たとえば負債の方法としてよくあるのが友人・知人・親族に頼るケースで、これはある程度成功率も期待できますし金利などもかからず融資を受けられることが多いです。
また身内ということで多少安心感もありますから、一番頼みやすいと言えるでしょう。
しかしもし不義理なことをしてしまったりすると大きなトラブルに発展する可能性が非常に高いですし、場合によっては関係を絶たれてしまったりすることもあります。
そうなるとお金を失うだけでなく身内の信頼も失ってしまうので大きなダメージを受けることになるでしょう。

ほかにも国民政策金融公庫の融資制度の中に国民政策金融公庫(創業融資)と信用保証協会(制度融資)という方法があります。
前者は無担保でも利用可能ですし事業実績がなくても最大で1500万円まで融資を受けられる可能性があります。
後者は前者よりもややハードルが高いと言われていますが、最大で1000万円の融資を低い金利で借りることができるので、可能であればこちらのほうが負担は少ないと思います。
ただこのふたつの方法も返済義務が生じますから、返済を怠れば当然何らかの措置がとられますし再度利用することはできなくなります。

このように負債は方法としてやりやすいメリットがありますが、リスクも生じることを覚えておき、いかにそのリスクを回避できるかあらかじめ計画しておかなければなりません。

top