会社設立時の資金調達解説

家族からの資金調達 - 会社設立時の資金調達解説

会社設立時の資金調達解説 > 家族からの資金調達

家族からの資金調達

事業をはじめたいけど資金調達がうまく進んでいない、そんな人も多いと思いますが、会社設立に向けて必要な資金がなければ事業自体はじめることができないのでここは何とかしなければなりません。
そこでもっとも手っ取り早く資金調達できる方法として考えられるのが、家族からの借り入れです。

家族から借り入れするもっとも大きなメリットは身内だという点で、ほかの第三者や自治体、企業から融資を受けるとなると金利が発生しますが、家族からの借り入れであれば金利がかからないこともあります。
この点は交渉次第ですが、基本的に借り入れを承諾してもらうことができれば話はスムーズに進んでいくでしょう。

家族ということもあって精神的にも安心感がありますし、借りやすい相手としては第一にあがってくるはずです。
とは言えいくら安心感があっても甘えてばかりいるのはよくありません。
お金を貸す側というのはどんな立場であろうとちゃんと返してくれるのか不安になるものですし、額が大きくなればなるほど複雑な感情を抱いています。
一度借りたお金の返済も終わらない状況の中、再度借り入れの申し込みをしたり、失敗するたびにお金の無心をしていれば愛想をつかされても文句は言えません。

親しき中にも礼儀ありという言葉があるように、いくら家族だからといっても安易にお金を借りるのはおすすめできませんし、きちんとした事業計画を説明しておく必要があります。
もしリスクが考えられるのであればそれもきちんと説明しなければなりませんし、返済の期日や分割で返していくなら月々いくら返済するのかも決めておきましょう。
できるだけ具体的に将来のことを伝えれば貸す側も安心できますし、何をするためにお金が必要なのか知っていれば応援してくれると思います。

会社設立は最初なかなか軌道に乗らないこともありますので、資金調達は慎重に進めなければなりませんし借りるなら失敗してしまうことも想定してから動きましょう。

top