会社設立時の資金調達解説

個人投資家からの資金調達 - 会社設立時の資金調達解説

会社設立時の資金調達解説 > 個人投資家からの資金調達

個人投資家からの資金調達

会社設立した後、事業を展開していくうちに資金調達の必要性が出てくることがありますが、このときに大きな力になってくれるのが個人投資家です。
個人投資家は企業への投資によって利益を得ており、その方法は株式を利用するものがスタンダードです。

株式会社は株を発行してそれを購入してもらうことで資金調達が可能で、その代わりに利益が出たときには配当金という形で株を買ってくれた人たちに還元することになっています。
株を買ってくれる人のことを株主を呼びますが、個人投資家から資金調達するということはいわゆる株主になってもらうことを指しています。

そこでまずポイントになるのがいかに株を買ってもらうかという点で、これは借り入れではないため個人投資家側も慎重に検討します。
したがって重要になるのはどのような事業計画を立てていてどのような結果を想定しているかで、ここが魅力的でないと株は買ってもらえません。
これがもし借り入れという形であればある程度リスキーなものであっても融資する可能性があるかもしれませんが、個人投資家の場合株を買った企業の成果が自分にも返ってくるのでその点はかなりシビアに考えているはずです。

個人投資家になる人は過去に事業を起こした経験があるケースが多く、経営についての知識もしっかり持っていますし、事業計画の穴を見つけるのもうまいです。
事業計画にリスクがあればそこを厳しく指摘してくる人もいますし、株主になるわけですから当然事業展開についても口を出してくるでしょう。

もし個人投資家に株を買ってもらい資金調達するのであれば、しっかりとした事業計画が必要不可欠ですし、内容だけでなく将来性を感じさせるものでなければいけません。
設立直後ではなかなか難しい面もあると思いますが、ある程度軌道に乗ってきたあとでしっかりとしたビジョンがあればかなりの金額を調達できる可能性も出てくるので、この方法を検討している人はしっかり事業計画を練ってください。

top