会社設立時の資金調達解説

創業融資について - 会社設立時の資金調達解説

会社設立時の資金調達解説 > 創業融資について

創業融資について

会社設立に向けて資金調達をどうするかいろいろな情報を仕入れている経営者も多いと思いますが、日本政策金融公庫の創業融資について知りたい人もいるのではないでしょうか?
この会社設立時の創業融資は政府系の金融機関が行っている融資制度なので、設立直後の企業でも融資を受けられる可能性があると言われています。

この制度は税金によって行われる経済政策の一環ですから、事業を起こそうとしている人や事業を拡大しようとしている人を応援するためにあります。
もちろんきちんとした事業計画がなければいけませんが、事業の種類も特に問われませんし自分のやりたいことに対して融資を受けられるという点では一番最初に検討すべき選択肢と言えるでしょう。
会社設立当初はまだ実績もないので資金調達したくてもなかなか難しい面も多く、融資してくれるところや株を買ってくれるところもほとんどないと思います。
したがって友人や知人、親族から融資してもらうくらいしか選択肢がないので、こういった制度は積極的に活用してください。

ただお金を借りるということは当然返済義務が生じますので、どこにいくら使うのか、そこで発生するリスクや結果をしっかり想定したうえで手続きをしなければ後々自分が負担を背負うことになってしまいます。
創業融資の利率は金融情勢によって若干変化はありますが、およそ2.2パーセントから4パーセントだと言われており、融資限度額は1500万円あるいは自己資金の2倍となっています。

返済期間は設備資金に使うか運転資金に使うかで変わり、設備資金の場合は最大10年間、運転資金の場合は最大5年間に設定されています。
したがってこの期間内に返済できるだけの金額を借りる必要がありますので、その点も含めて事業計画を再考してみましょう。

無担保で融資が受けられる分、幅広い層の経営者が利用できる制度ですから、これから事業をはじめたいと思っている人はもちろん現在事業を展開している人にも利用価値はあります。

top