会社設立時の資金調達解説

ベンチャーキャピタルとは - 会社設立時の資金調達解説

会社設立時の資金調達解説 > ベンチャーキャピタルとは

ベンチャーキャピタルとは

会社設立を考えている経営者なら誰もが資金調達について情報収集していると思いますが、資金調達に関する情報を調べていると必ず出てくるのが「ベンチャーキャピタル」というワードです。
ベンチャーキャピタルは経営者の人やビジネスに精通している人なら誰もが聞き慣れたワードですが、これから事業を起こす人、経営について勉強していく人にはよく分からない人もいるでしょう。
そこでここではベンチャーキャピタルとは何なのか説明していきますので、今後の資金調達の際に参考にしてください。

はじめにベンチャーキャピタルとはひと言で言えば将来性のあるベンチャー企業に出資する金融機関のことで、いくつか種類があります。
政府系、銀行系、証券会社系、事業会社系、独立系等と多岐に及んでいますが、基本的なシステムは同じで株式公開を支援することが目的になります。
そして株式公開後にそれを売り、キャピタルゲインを得ることで利益を出しています。

システムとしては個人投資家のやり方と同じで、個人から投資してもらうか法人から投資してもらうかの違いです。
日本はほかの先進国と違って個人投資家の数はまだまだ多くありませんので、ベンチャーキャピタルがその役割を担っている面もあります。

そして個人投資家が一人ひとり傾向が異なるように、ベンチャーキャピタルも会社によって性格があります。
たとえば事業会社系の場合は関連企業への積極的な投資が見受けられますし、独立系はある程度自由な投資スタイルのところが多いです。

ただどこから投資してもらうにしても個人投資家同様、しっかりとした事業計画がなければ投資してもらうことはできません。
投資を専門にしている会社なので個人よりもリスクは大きいですし、その道のプロフェッショナルが集まっていますから投資するときにはしっかり見極めを行います。
もしこれからベンチャーキャピタルからの投資を希望するなら事業の将来性をしっかり訴えることが大切です。

top