会社設立時の資金調達解説

補助金について - 会社設立時の資金調達解説

会社設立時の資金調達解説 > 補助金について

補助金について

会社設立の資金調達に便利な方法として補助金があげられますが、この制度はどのようなものなのでしょうか?
ここでは補助金に関する情報をお伝えしていきますので、これから経営者になる予定の人は覚えておいてほしいと思います。

まずはじめに補助金は基本的に国や自治体から出されるもので、返済は不要ですから安心して使うことができます。
もちろん必要に応じて計画的に使わなければならないのは返済義務の有無とは関係ないのですが、返済しなければならないお金とそうではないお金では使い方も変わってきますし、使うタイミングも違うことがあります。
返済義務が生じなければある程度冒険ができる、つまり理想を追求できるというメリットもあります。

ただ誰でも補助金を受けられるかと言えばそうではなく、まずは審査に通過する必要があります。
この審査とは補助金の制度内容と合致しているかどうかで判断されることが多いので、もしその条件に合わない、あるいは満たしていないと判断されると落とされてしまいます。
もうひとつ似たような制度に助成金制度がありますが、こちらは決められた条件を満たしていればそれほど審査に通過することは難しくないのですが、そのかわり補助金ほど大きな額を出してもらえませんし種類も限られています。

補助金の場合、たとえば創業補助金(創業・第二創業促進補助金)と呼ばれる会社を興すために出されるものもあれば、試作品の開発や設備投資に使う小規模事業者持続化補助金の「ものづくり補助金」と呼ばれるものなどがあります。
ほかにも自治体によって独自の補助金を出しているところもありますので、詳しくは会社の所在地がある地域の自治体へ問い合わせてみてください。

このように補助金とは目的があらかじめ決められているものがほとんどで、その目的に合った条件でないと受けられないことが多いものなのです。
この点を理解して補助金の申請してほしいと思いますし、審査に通るだけの材料をきちんと準備してください。

top