会社設立時の資金調達解説

資金調達の際の注意点 - 会社設立時の資金調達解説

会社設立時の資金調達解説 > 資金調達の際の注意点

資金調達の際の注意点

資金調達は会社設立後いつか必ずやることになりますが、そのすべてが成功するわけではありませんし、場合によっては大きなリスクを背負うことも考えられます。
そこで今回は資金調達の際に頭に入れておかなければならない注意点についてお話していきますから、経営者になる方は覚えておきましょう。

まず最初に資金調達の方法は選択肢がふたつあり、ひとつは負債を背負う場合、もうひとつは出資や補助金、助成金を受ける場合です。
負債を背負う場合というのはたとえば家族や友人・知人からお金を借りたり、国民政策金融公庫(創業融資)や信用保証協会(制度融資)の利用が考えられます。
これらの方法は比較的成功しやすい反面、返済義務が生じますので返済計画をしっかり立てておかなければなりませんし、返さなければならない分失敗のリスクはあまり背負わないほうがいいでしょう。
せっかく融資してもらったのにそのお金でもう一度失敗してしまえば、その後はひたすら返済のために動かなければならないのであまり良い方向へはいかないはずです。
したがって返済計画と将来性のある事業計画の2つが必要になります。

次に出資や補助金・助成金制度を利用する場合ですが、この方法は何と言っても返済義務がないことが最大のメリットです。
お金を返さなくても良いということは使うタイミングなどもこちらで決められますし、精神的にも余裕が生まれます。
ただ大きな額を出してもらおうとするなら納得させられるだけの材料を揃えていかなければなりません。
特に個人投資家やベンチャーキャピタルから出資してもらう場合、大きな額を出資してもらえる可能性がありますが、事業計画に未来や可能性が感じられなければあっさり断られてしまいます。
この手の分野に属する人たちは経営に関してもエキスパートですし、シビアな目で見ていますので充実した事業計画はもちろんそれを伝えられるだけの人間力も欠かせない要素になるでしょう。

top