会社設立時の資金調達解説

会社設立における資本金の平均 - 会社設立時の資金調達解説

会社設立時の資金調達解説 > 会社設立における資本金の平均

会社設立における資本金の平均

image

会社設立では資本金が必要となります。
しかし、資本金に関しての考え方は近年大きく変わってきたと言えるでしょう。
そもそも資本金とは何かと言えば、会社が運営していくための準備をする資金だと思ってください。
また、会社の形式によっては資金を集めた証拠にもなります。
資本金が多ければ多いほど、その会社の運営力が証明できるため、より企業や会社としての信用にも繋がっていく側面があります。
例えば、資本金が100万円の会社と1億円の会社だと、やはり前者よりも後者の方が信用できるのではないでしょうか。
企業や会社にとっては運営資金というのは命のようなものなので、ある程度は用意しておくことが必要となります。
しかし、平均してどれくらいなのかわからなければ、資本金の基準についてもわからないのではないでしょうか。

資本金に関しては、具体的に「これ」という金額が決まっているわけではありません。
また、株式会社なのか有限会社なのか、はたまた合同会社なのか合資会社なのかによっても違ってきます。
それぞれの会社形態によって、資金の集め方というのも違ってきます。
会社設立でもメジャーな株式会社は、株式を発行することで資金調達をします。
その他の会社形態によっては、自分で資金を用意するということもあるでしょう。
その平均に関しては感覚的なもので良いです。
全国の平均を見てみると300万円~3,000万円前後が多いです。
これらが中小企業のほとんどを占めています。
日本の9割は中小企業のため、平均としては300万円~3,000万円が妥当だと言えるでしょう。
ただ、これに関しても具体的な決まりというのはありません。
少なければ少ないほど良いということはありませんが、多ければ多い方が良いということも一概には言えないです。
確かに資金は多ければ良いですが、少ない資金でも運営している企業や会社は多々あります。

近年は資本金を1円に設定して起業することも可能となりましたが、さすがにそれはおすすめできません。
前述の通り、資本金は企業や会社の信用度にも大きく関係してきます。
資本金の使い道はそれぞれ違ってきますが、やはりある程度まとまった資本金がないと、企業や会社として認められない風潮もあります。
そこをどのように考えておくかによって、資本金の金額も変わってくるでしょう。
もちろん平均が300万円~3,000万円と幅も広いので、具体的には平均などが出しようがないということになります。
会社設立によって必要となる資金のことを考えて、まずは設定してみてはいかがでしょうか。

top